天皇賞馬マイネルキッツが復活V/ステイヤーズS


3日、中山競馬場で行われたステイヤーズS(3歳上、GII・芝3600m)は、三浦皇成騎手騎乗の4番人気マイネルキッツが4コーナーで先頭に立つと直線もそのまま粘り込み6番人気イグアスに1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは3分50秒8(不良)。さらに3.1/2馬身差の3着には12番人気トウカイトリックが入った。

【勝ち馬プロフィール】
◆マイネルキッツ(牡8)
父:チーフベアハート
母:タカラカンナ
母父:サッカーボーイ
半妹:マイネカンナ(福島牝馬S-GIII)
厩舎:美浦・国枝栄
通算成績:42戦8勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:09年天皇賞・春-GI、10年日経賞-GII

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック